合格実績

 会計プロフェッション科・税理士コース 税理士試験

税理士合格者都道府県別一覧 »»»

会計プロフェッション科全体 日商簿記1級、全経簿記上級

日商1級・全経上級合格者 都道府県別一覧 »»»

 

日商簿記検定1級の価値  ~企業経営の道へのパスポート~

 日本商工会議所が主催する簿記検定1級は毎年2回実施され、それぞれ全国で1万人程度受験します。合格率は10%前後と国家試験レベルで、非常に難しい検定試験として認識されています。試験のレベルは「大学で専門に学ぶ程度の商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を修得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規をふまえて、経営管理や経営分析ができる。」と規定されていますが、現在の大学における会計教育のレベルは到底1級のレベルに及んでいません。一流大学と呼ばれる大学でもせいぜい3級レベルがやっとというところです。一般的に簿記検定としてメジャーとなっているのは日商2級ですが、2級と1級とでは全くの別物として認識したほうが良いです。科目数は2倍ですが、出題範囲は10倍以上といっても過言ではありません。したがって、日商1級取得者はビジネスシーンで重宝され、企業の重要な経理・財務担当者ないし責任者として活躍することとなります。また、税理士試験の受験資格にもなっているため、会計専門家としての登竜門のように位置付けることもできます。