新着情報

複式簿記学習会のご案内

平成29年上半期の複式簿記学習会

昨年夏に開催しました「複式簿記の全体像」を中心に展開された学習会の参加者から多く寄せられた感想は、「今までの検定対策中心の簿記の学習方法とは全く違った。」、「複式簿記の本質がわかった。」、「簿記が楽しいことがわかった。」、「この学習方法を取り入れた方が検定試験の結果も良くなるのではないか。」など、テクニックなどを教える他の学習会などとは異なるものでした。

そして、もっと複式簿記の全体像を学び、複式簿記の本質を理解し、実務でしっかりと活用できる力を身に付けたいという生徒や、生徒にこのような指導をできるようにし、複式簿記の楽しさを体感させてあげたいという先生方のご意見を多数いただきました。
そこで、平成29年におきましては、夏休みの講習会だけでなく、毎月定期的に講習会を開催することとなりました。

まず、平成29年上半期分の予定をご案内させて頂きます。この平成29年上半期分につきましては、「複式簿記の全体像」の基本である複式簿記の一巡をしっかりと理解した上で、複式簿記の理論的裏付けとなる会計理論の考え方を学べる内容となっております。
併せて、工業簿記・原価計算の基本をシリーズで行います。
また、春休み期間中の特別版として、複式簿記の伝道師である本校学校長高橋による「複式簿記の全体像を解明」の特別講義と、その全体像を踏まえて、複式簿記の基本である商品売買取引の内容を行います。

この講習会で複式簿記の全体像を理解し、正しい複式簿記の学び方を身に付けることで、最近範囲が変更となり、過去問演習などを中心とした傾向と対策、そしてパターン学習では対応が難しくなっている日商簿記検定の3級・2級の問題にも難なく対応できるようになり、日商簿記検定1級の学習にあたってもしっかりとした基礎が身に付くことで、スムーズに学習を進めていくことができるようになります。また、将来職業会計人として活躍するには、このような学び方を身に付ける必要があります。
将来、経済界の中心となる「会計力を備えた人財」になりうる最有力は、商業高校の生徒の皆さんです。そのために、この機会に、会計力の基礎を身につけましょう。
また、日頃から商業科目の教育に携わられている先生方におかれましては、生徒指導方法の一法を学ぶ機会としてお役立て下されば幸いです。
高校生、そして先生方のご参加をお待ちしております。

*平成29年下半期につきましては、この上半期の基本を前提した上で、応用的な内容について行う予定です。

開催日時および学習内容

1)2月4日(土)
複式簿記の全体像~一巡の流れをしっかりと理解する~

2)2月18日(土)
工業簿記・原価計算の基礎シリーズ①
~工業簿記・原価計算の全体像(勘定連絡図を押さえる)~

3)3月18日(土)
工業簿記・原価計算の基礎シリーズ②
~費目別原価計算(製造直接費と製造間接費に分けられるか?)~

春休み特別版(※日程変更の可能性あり→変更の場合は後日連絡します)

4)3月27日(月)
複式簿記の全体像を解明
複式簿記の流れを把握するための推定問題・勘定分析

5)3月28日(火)
複式簿記の全体像を踏まえて商品売買取引(一般と特殊)その①

6)3月29日(水)
複式簿記の全体像を踏まえて商品売買取引(一般と特殊)その②

7)3月30日(木)
工業簿記・原価計算の基礎シリーズ③
~部門別個別原価計算(製造間接費の配布計算と個別受注生産を採用した場合の原価計算)~

8)4月29日(土)
工業簿記・原価計算の基礎シリーズ④
~総合原価計算(大量見込生産を採用した場合の原価計算)~

9)5月13日(土)
複式簿記の計算を理論と一緒に学ぶ(会計理論の学び方)・その①
~計算と理論を表裏一体で学べるようにする~

10)5月20日(土)
工業簿記・原価計算の基礎シリーズ⑤
~標準原価計算(原価差異の分析と製造原価の計算)~

11)6月17日(土)
複式簿記の計算を理論と一緒に学ぶ(会計理論の学び方)・その②
~計算と理論を表裏一体で学べるようにする~

時間

各回とも9時30分〜16時30分の予定です。
各回とも1回で完結する内容となっています。ご参加できる回のみの参加可能です。

講師

理事長・学校長 髙橋 幸夫(公認会計士・税理士・元日本公認会計士協会本部理事)
教務主任 山内 樹(商業簿記・会計学担当)
経理本科教務 松葉 崇史(工業簿記・原価計算担当)

対象者および定員

教員対象者:商業科目ご担当の先生方
生徒対象者:次に該当する生徒

  1. 決算までの学習経験がある生徒
  2. 将来、日商簿記1級、公認会計士、税理士の取得を目指されている生徒
  3. 1に該当し、将来、実務で使える複式簿記の考え方を理解したい生徒

持ち物

筆記用具・電卓

参加費

無料

複式簿記学習会申し込みフォームへ

未来塾申し込み・お問い合わせ電話番号

資料請求リンク

東京CPAまでの地図

関連記事