新着情報

複式簿記学習会のご案内

検定簿記のための簿記ではなく、実務で通用する「本物の複式簿記」を体験できる。


毎年恒例の「夏休みの複式簿記学習会」の日程及び内容が決まりました。

複式簿記学習会の参加者からは「今までの大手の専門学校で実施する講習会は、試験で出るかどうかや解き方の説明だけに終始した内容でしたが、CPAの講習会では複式簿記の本質を理解できる内容で、新鮮で充実した時間を過ごせました!」という高校の先生の声や、生徒からは「複式簿記の学びが楽しかった!」や「この学び方をこれからの高校生活の複式簿記の学習でも意識して学んでいきたい!」という声を多数頂いております。

ぜひとも、この夏休みの機会に、当校でしか体験できない「本物の複式簿記の学び方」を学び、会計力の基礎を身につけましょう!

開催日時および学習内容

(1) 第1回

日付 内容
1  7月31日
(水)
複式簿記の楽しい学び方
勘定分析・特殊商品販売を通して複式簿記の全体像を理解する
2   8月1日
(木)
 複式簿記の楽しい学び方
複式簿記の流れを踏まえてキャッシュフロー計算書を学ぶ
3  8月2日
(金)
複式簿記の楽しい学び方
複式簿記の全体像を踏まえて税効果会計の基礎を学ぶ

 
(2) 第2回

日付 内容
1 8月7日
(水)
複式簿記の楽しい学び方
複式簿記の流れを踏まえて学ぶ連結会計その1
2 8月8日
(木)
複式簿記の楽しい学び方
複式簿記の流れを踏まえて学ぶ連結会計その2
3 8月9日
(金)
複式簿記の楽しい学び方
複式簿記の流れを踏まえて学ぶ連結会計その3

 
(3) 第3回

日付 内容
1 8月23日
(金)
「A商店・B商店」の学習法その1
2 8月24日
(土)
「A商店・B商店」の学習法その2

*「A商店・B商店」は、当校の創設当時から使用されている複式簿記の全体像(簿記の一巡)を理解するための問題です。この問題を繰り返し解いていくと、複式簿記の本質が理解でき、「点」ではなく、「線」で考えることができるようになります。
 

時間

各回とも10時00分〜17時00分の予定です。

講師

理事長・学校長 髙橋 幸夫(公認会計士・税理士・元日本公認会計士協会本部理事)
教務主任 山内 樹

対象者

教員対象者:商業科目ご担当の先生方
生徒対象者:次に該当する生徒

    1. 決算までの学習経験がある生徒
    2. 将来、日商簿記1級、公認会計士、税理士の取得を目指されている生徒
    3. 将来、実務で使える複式簿記の考え方を理解したい生徒

持ち物

筆記用具・電卓

参加費

無料

複式簿記学習会申し込みフォームへ

未来塾申し込み・お問い合わせ電話番号

資料請求リンク

東京CPAまでの地図

関連記事