新着情報

経営財務コース – 新井菜月さん

新井菜月さん

東急ファイナンスアンドアカウンティング株式会社勤務(平成27年卒業 東京都立晴海総合高等学校 総合学科出身)
社会に出て様々な事象に対応するためには、物事の本質を理解することが大事です。

経営財務コースOG 新井菜月さん 私はCPAを卒業後、東急ファイナンスアンドアカウンティング株式会社に就職し、アカウンティンググループに所属しています。弊社は東京急行電鉄株式会社を中核とした東急グループにおいて、連結経営を会計・人事・財務の面から支えています。
 私の所属するアカウンティンググループでは、経理業務を受託しグループ各社の経理担当者にアドバイスを行なうほか、実際にグループ各社に出向し経理部門の現場で業務を行なっています。私は入社してすぐに1社担当会社をもち、毎月の月次作業のほか、決算、申告業務を行ない2年目で3社を担当しました。
 弊社では東急グループ各社の経理業務に携わるということで様々な業種の経理を経験できます。その為、それぞれの会社にあった提案をするために日々勉強の毎日ですが、各社のお客様のご要望にお応えすることができるとやりがいを感じることができます。
 私が、この会社でやりがいを持って働くことができるのは、CPAで学んだ2年間があったからです。資格を取得することができたのはもちろんですが、特に、勉強の仕方を身につけることができました。CPAでは、暗記に頼るのではなく1つ1つの処理の意味や本質を理解することに重点を置いています。その為、応用的な問題が出題された場合でも対応することができます。この考え方は社会人として働き始めた現在、特に活かされています。実際の社会に出てみると、テストに出るような問題など発生しません。暗記で身につけた知識などは役に立たず、本質を理解することで様々な事象に対応することができています。
 CPAでは、ただ資格を取るための勉強ではなく、実際に実務に役立てることのできる勉強を行なうことができます。
 2年間大変なこともありますが、妥協せずにやり通せば将来やりがいを感じながら働くことができると思います。

関連記事