新着情報

これでも大学に行きますか?

東京CPA会計学院ってこんな学校

日本の大学は総じて研究機関としての位置付けが強く、教育機関としての機能は軽視されてきました。
高度経済成長後、目的意識もないまま大学に入る学生が大多数を占め、大学は単なる高等教育の延長の場となりつつあります。

「大学」に対してのおかしな認識?

日本では一般に、大学は学歴としての認識が強く、大学名を一種のブランドとして用いることが多いようです。次の3つの視点から、正しい「大学」の位置付けについて考えてみましょう。

Q1「卒業」と「中退」の間にどのくらいの差を見出しますか?

みなさんは「大学卒業」と「大学中退」とで、どの程度の差を感じますか?例えばTVで「あの芸能人は◯◯大中退」と知ると、即座に「意外と頭いいんだ」とプラスのイメージを働かせてませんか?

有名タレントが有名大学に行っていたという意外性もあるのでしょうが、同じ大学という短絡的な理由だけで、この中退者と卒業した方たちを同等に考えるのは正しいことでしょうか。大学名だけで評価し、大学は中退でも卒業でも大差ないと考えてはいませんか?

Q2 「◯◯大学卒」と聞いて学部や専攻をを聞きますか?

「◯◯大学卒」という学歴だけで単純に「頭がいい」と評価しがちです。確かに◯◯大学に入れる学力はあったのでしょう。しかし入学後に何をどの程度習得したかは全くわかりません。成績を気に留める人もいません。大した勉強や研究をしなくても大学を卒業できてしまうのが常識だからでしょう。

Q3 大学進学に求めるものはなんですか?

ある調査によると、大学進学の目的として何を重視しますか?と高校生らに質問したところ、日本の高校生は「友だちを作る」「たくさんの経験を積む」を挙げ、アメリカや中国の高校生は「専門的な能力を身につける」と回答しています。どうも日本には、大学は専門的な能力を身につける場所という認識がないようです。

やりたいことを犠牲にして勉強だけしてきた日本の高校生が、「友だちづくりが第一の目的」と言うのも、「面白おかしいキャンパスライフ」を求めるのもわからなくはありません。しかし大学の持つ社会的位置付けと、あまりにもズレているのではないでしょうか。

「教養課程」はいらないの?

一般的に4年制大学では2年次まで教養(教育)科目を履修します。しかしほとんどの学生が教養と呼べるようなものを学んではいません。なぜなら頭の中の知識は「一夜漬け」なのですから。
さらに面白いことに、大学は自ら教養課程の価値を否定しているとしか考えられないようなシステムがあります。
現在は一定の基準を満たした専門学校(もちろん当校も含む)を修了すると「専門士」の称号が得られ、これを取得した者は、多くの大学の3年次からの編入が可能です。要するに、大学側は、2年間の教養課程は修了しなくてもよいといっているのです。おかしな話ですよね?

あなたの知らない「大学の会計教育レベル」

当校の会計教育と関連するのは大学の商学部、経営学部、経済学部等ですが、残念なことに、その指導内容は非常に低レベルと言わざるをえません。「簿記」を必修科目とするのは商学部だけで、経営学部や経済学部ではほぼ選択科目扱いです。
しかも、いわゆる一流大学と呼ばれるような大学での「簿記」の講義レベルは日商簿記検定の3級程度で、一般的な商業高校の生徒が当たり前に取得できるレベル。といっても大学生の大半がこの検定を受けていないので、3級レベルをマスターしているのかどうかも疑わしいのです。

一流大学のブランドイメージからすれば信じがたい事態ですが、会計分野に近い学部出身者でも「借方」「貸方」という言葉でさえ覚えていない人が大半というのが現実です。
例外的ですが、高度なレベルの講義を実施している大学もあります。公認会計士や税理士を目指す一部の学生のために、正規の講議とは別に入門講座と称して行っていますが、あくまでも入門講座の設定。それ以上は大学とは別に受験予備校に通うような仕組みです。どんなに必死に勉強しても、大学の講義だけでは公認会計士や税理士はもとより、日商簿記検定1級合格すら不可能な状況です。
こうした現実の中でも、検定や試験に合格する大学生も多数存在しますが(税理士試験はほぼ皆無)、ほとんどが受験予備校の指導成果以外の何物でもありません。

大学をエンジョイしますか、それともダブルスクールやりますか

大学入学後、優秀な学生の中には遅かれ早かれ「このままではヤバイ」と気がつく学生が出てきます。「無価値な大学の講義など聴いてもしょうがない」「社会的に高く認められる国家資格や各種検定試験にチャレンジしよう」と。こんなときも大学側からのサポートが得られないので、仕方なく資格スクールへ。これがいわゆるダブルスクールです。
多くの学生がこのダブルスクールを実行していますが、目指す試験によってレベルの差はあるものの、意外と困難がつきまとうものです。

困難1 コストがかかります

資格予備校に通うには大学の学費とは別に、まとまったお金が必要です。難関な公認会計士試験や税理士試験で年間60~100万円程度。合格するまで200~300万円も掛かるケースも少なくありません。保護者に経済的余裕がないとアルバイトで稼がなければなりませんので、大学・資格予備校・アルバイトという3足のわらじを履く過酷な生活を強いられることになります。

困難2 ジャマな大学?

ダブルスクールを選択後、遊んでいても単位が取れる大学の講義と、難易度の高い真剣勝負の資格試験を比較すれば、明らかに後者を重視することになります。心も体も資格予備校に向かうので、大学の講義はジャマ以外の何物でもありません。
どんなに楽勝科目を選んで履修しても、出席義務を課す講義や試験の多い学部ではそれなりに多くの時間を要します。遊んでいる学生もサボリたい気持ちはいっしょだから、授業に出ないで卒業したい学生間の競争はかなり厳しくなります。そのうえ、通学時間も予想以上にかかります。

困難3 あそべません!

ダブルスクールには大学のお気楽モードは一切ありません。時間・体力・お金を全て費やすのですから、みんな真剣です。人生をかけて真剣に学んでいるのですから当然です。何よりつらいのは、必死に勉強している傍らで、サークル活動などの遊びにかまけているクラスメイトの存在。自ら選んだ道とはいえ、精神衛生上よろしくありません。

関連記事