税理士コース – 渡辺弥生さん

渡辺弥生さん

税理士法人 山田&パートナーズ勤務(平成26年卒業 青森県立八戸商業高等学校出身)

税理士コースOG 渡辺弥生さん 学校のテストで良い点数をとっても将来何の役に立つのかわからず、すぐに就職できる商業高校に進学しましたが、担任の先生の教えがきっかけで簿記が好きになり、簿記を活かした仕事に就きたいと思い始めました。その先生からCPAを紹介され、校長先生の話に衝撃を受け「簿記をもっと学びたい」「税理士になって活躍したい」と強く思い、CPAへの入学を決意しました。
 入学当初は日商1級及び全経上級試験に向け、毎日朝早くから夜遅くまで簿記に打ち込みました。慣れない土地での一人暮らしということもあり、かなり大変な時期でしたが、友人達と切磋琢磨し、楽しく学べました。その結果、1回目の試験で両方合格して1年生の秋から税理士コースに進みました。
 初の税理士試験は4科目受験し、簿記論のみ合格。2年目も4科目受験し、財務諸表論と所得税に合格。3年目はアルバイトをしながら2科目受験し、法人税と相続税に合格し、税理士試験に合格することができました。初受験で3科目落ちた時は、ものすごく落ち込み、諦めたくなりましたが、仲間や先生方に支えてもらい、失敗を乗り越え、たくさんのことを学び成長できました。
 その後の就職では、相続を3年間勉強し、網羅的に税法と会計を学んだ経験を活かしたい気持ちと、CPAの先輩が数名いる事や女性税理士が活躍している姿を見て強い憧れを抱き、総合型税理士法人に入社を決めました。
 入社から2年間は、事業会社や医療法人の顧問、個人の確定申告、相続申告を網羅的に経験させて頂きました。そして3年目からは法人メインの部門に異動しました。
 私が今所属している部門は、通常の法人、個人業務だけでなく、医療、国際、公益を得意とする部門です。今は法人スポット業務がメインで、主に事業承継、不動産コンサル、オーナーの相続対策等を行なっています。
 これからの時代に必要とされる税理士になるためには、税務だけでなく、幅広い知識と豊富な経験が必要です。コンサルティングは、単純にお客様の目先の利益だけでなく、税金に対する影響や将来の税制を見据えて広い面からサポートしなければなりません。責任やリスクは大きいですが、お客様の悩みがクリアになり、不安が解消された時の笑顔と「ありがとう」の一言に大きなやりがいを感じます。そして「自分の知識がお客様の笑顔に繋がる」これが税理士の醍醐味だと思います。