新着情報

保護者の方へ

保護者の方へのメッセージ

1)これからの日本

みなさんはこの先の日本の展望をどのようにお考えでしょうか。バブル経済崩壊後、日本経済は混沌とした状態から長期間抜け出せないでいます。これまで常識とされていたことが通用しないなど、制度上の基盤が大きく変わってきました。
年功序列、定期昇給、大企業志向の雇用体系は崩壊し、能力給の導入やキャリアアップのための積極的な転職が常識となり、実力中心の社会になりつつあります。

2)学校選びについて

日本の社会には依然として学歴主義が根強く存在しています。実力主義といいながら、学歴と実力の差を見極められない人もいます。そういう意味では、いわゆる高学歴ということは悪いことではないでしょう。しかし学歴よりももっと大切なことがあります。社会に出てから役に立つ勉強をしてきたかどうか、ということです。
お子さんの力を生かすも殺すも教育次第なのです。

3)自分の目で確認して決断を

残念ながら、学校運営、教育までもがビジネスとされてしまう節があります。派手な広告をしているからといって、実態はどうでしょうか? 有名な学校だから、大規模だから大丈夫だろうと考えていませんか?
何より重要なのは、授業の中身です。大学受験を検討されているならば、事前に希望する大学を見学することをおすすめします。注意をしてキャンパスを観察すれば、すぐに大学の現状が理解できるからです。(授業中の居眠り、授業中なのに食堂でおしゃべりしている学生達の姿は、)とても最高学府(※辞書には「学問を学ぶところとして最も程度の高い学校。現代では大学をいう」とありますが)の面影はないという有名校もなきにしもあらずです。

若者の目には、「楽しそうなキャンパスライフ」が、楽園のように映るかもしれませんが、実力中心の社会に移行しつつある今、はたして楽しいだけの学校選びで良いのでしょうか。「勝負できる人生」を選んで導くのも、親のやさしさではありませんか。
我々の主張は一つの意見にすぎません。重要なのは、他人の意見や世間の常識を鵜呑みにせず、大学でも専門学校でも「自分の目で確かめて決断する」ことでしょう。

関連記事