新着情報

経営財務コース – 萩野真一郎さん

萩野真一郎さん

新井総合施設勤務 (昭和62年卒業 神奈川県立溝南高校出身)
どんなに遠まわりしてもかまわない。とことんつきつめる姿勢が必要

経営財務コースOB 萩野真一郎さん私とCPAとの出会い。それは知人からの紹介でした。その時は「簿記って何?体育会系の自分が電卓をたたく?」と思いましたが、校長先生の熱意ある話を聴いて入学を決定。これが人生第一の転機でした。

正直なところ、最初は専門学校というものを舐めてかかっていたのです。しかし、「できるまでトコトンやり直す」というCPAの学習スタイルの厳しさは、想像以上でした。アットホームでありつつ「厳しさ」と「緊張感」があり、この時に染みついた経験が今でも役に立っています。 CPA卒業後はミサワホームに入社。営業からスタートし、様々な仕事を経験しました。営業時代には1位の成績を獲りましたが、その時もCPAで学んだことが役立ちました。「経理の勉強が営業に役立つ?」と変に思うかもしれませんが、本当に役に立つのです! “総合的な数字の感覚が圧倒的に違う!”のです。

どんな会社にも数字の要らない部署などありません。人事でも総務でも全てコストが関係します。工場での生産や輸送に関しても、数字が重要です。だから採用する側に立った今も、必ず「数字がわかる」人材を求めるのです。 もう、大企業だから良いというのはナンセンスです。「どこに入るか」よりも、「何をするか」が重要です。その時、数字がわからないではどうしようもありません。

バブルの崩壊後、ミサワホームも大きな問題を抱え、私も東奔西走の日々を過ごしました。家庭の事情もあり、元同僚が起業した新井総合施設に転職。これが第二の転機です。

現在は、経理・財務・総務・人事・広報の5部署を管理。「使える人」を確保するため、真っ先にCPAの卒業生を採用しました。ミサワホーム時代も、多数の有能なCPA卒業生と仕事をしてきたので、現在も部下の大半はCPA卒です。

みなさんには、心から「明るく楽しく元気良く」ができる人になってもらいたいし、企業はそういう人材を求めています。
どんなに遠まわりをしても構わない。 トコトンつきつめる姿勢は必要ですし、そうした学習の習慣をCPAでぜひ養ってほしい。頑張ってください。

 

無断転載・引用・リンク付けを禁じます。

関連記事