新着情報

経営財務コース – 久保龍次さん

久保龍次さん

宇宙航空研究開発機構 JAXA勤務 (昭和60年卒業 神奈川県立生田高校出身)
経理を担う私たちに求められる能力とは、自ら考えて答えを探し出す力

経営財務コースOB 久保龍次さん高校卒業後の長い将来をみた時に、私は「人間が生きていくためには飯の種がいる」「手に職を」という強い思いにかられ、すべての会社に共通するものの中で「つぶしがきくのは会計である」という考えに至りました。

CPA入学後の勉強は大変でしたが、すごく幸せな2年間でした。「やればやるだけ自分のためになる」ことを実感できたからです。学生のやる気にトコトンつきあってくれる先生方、一緒に目標に向かう仲間がいたことで、それまでになく頑張れたのです。

会社の同僚の中には、しっかりと会計を習得してきた専門学校卒の人が何人もいます。大学卒と比べても見劣りすることなど全くありません。大学では広く浅く会計を学習するようですが、CPAではとことん深く学習できます。どちらが良いか一概に言えませんが、私は「CPAという選択肢」でよかったと思います。とりわけ会計という「1枚の切符」をつかんだことに、2年間の価値が凝縮されています。この切符は行き先が限定されていない「様々な展開の可能な切符」です。

入社後は財務部に配属され、その後の人事部や契約部でも、CPAで習得した会計の知識を柱に多くの新しい経験を積むことができました。もし大学に行っていたら、このような「切符」を手に入れられたでしょうか。複数の「整理券」を得ることはできても、「入場券」さえ得られなかったかもしれません。

みなさんが、これからの長い将来を見据えて前向きに、それぞれの進む道を見つけることができるように願っています。

 

無断転載・引用・リンク付けを禁じます。

関連記事